HATSUKITA SnowCandle (ハツキタ商店街街あかり)

スノーキャンドルの優しい灯りがハツキタ商店街を灯します

1月27日(金)~28日(土)の2日間、ハツキタ商店街にスノーキャンドルの優しい灯りが灯ります。

1月27日15:15点灯式(発寒小学校・発寒東小学校校門前)

スノーキャンドルは発寒小学校、発寒東小学校の生徒が制作してくれます。

鉄腕アトム雪像も商店街数カ所に設置します。

スノーキャンドルの作り方

1.用意するものはバケツとバケツより少し長く切断した煙突。

この他に、雪・ジョウロ・水

2.バケツいっぱいに雪を入れます。

バケツの下に入る雪がスノーキャンドルの上部分になるので、バケツ下に入れる雪をしっかりと詰め込むとキレイに仕上がります。

3.雪が7分目ほど入ったら、ジョウロで水を入れます。

水を入れることで頑丈なスノーキャンドルになります。

入れた雪が半透明になるくらい水を入れることがポイント。

4.水を入れると、カサが減るので、バケツいっぱいに雪を入れます。

雪をグイグイ押して雪の密度を上げます。

5.煙突を中心部にまっすぐに差し込みます。※手を切らないように注意しましょう

少し回すように差し込むと入りやすいです。

 

6.煙突の中に雪が入っているか確認しながら、バケツをヨコにして煙突を回しながら引き抜きます。

7.キレイにスノーキャンドルができます。

この状態だと、雪が濡れているので、1晩置くとしっかりとしたスノーキャンドルになります。

上の部分をキレイに作るためには、最初に雪をきちんと詰め込むことが大切です。